エリンジウム 蕾 (播種から1年)

エリンジウム ブルーグリッター
Eryngium 
マツカサアザミ セリ科、耐寒性宿根草、原産地はヨーロッパ南東部~中央アジア

播種から1年、今年4月上旬から花茎をあげてきた エリンジウム
かわいい蕾が付きました。総苞に鋭いトゲがあり、小さな花が集まって球形。

画像
2013/05/06 撮影


↑鉢植えも、↓地植えも、バンザ~イ!!
ジギタリスと背比べ中みたいね。
銀青紫色に色づいてきたものも、ちらほら。

画像
2013/05/20 撮影


一緒に定植しておいたワスレナグサ、ビオラ、セリンセ、リナリアは撤収。
まわりはちょっとさみしくなって、地際はカメラを向けてません^^

秋まきのビスカリアが開花、目を引く明るい色ね。
スカビオサ ボジョレーボンネットはまだ咲く気配ないなぁ・・。

エリンジウム ブルーグリッター
種はタキイ種苗で購入。
播種・・2012/05/06 発芽揃う・・5/20
播種から1か月後をめどにポット上げ(3号)
定植・・播種から半年後くらいに、出来た苗の半数を。
     残りは翌年3月に入って。
蕾・・2013/04上旬 花茎を上げてきました。

エリンジウムの種まき記録はこちら




画像

タキイ種苗とサカタのタネから
秋まき用のカタログが届きました。
とりあえず丸付けしておこう。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • kazuyoo60

    丈夫な蕾です。嬉しいですね~。
    2013年05月23日 09:44
  • まるぽっち

     kazuyoo60さん

    花は一斉に色づかないので、長く楽しめそうです。
    2013年05月25日 21:00

この記事へのトラックバック