生ゴミ堆肥作り

春の種まきリストの記事に、ごるるさんから液肥の希釈割合のご質問をいただきました。
コメントを通じて、あらためて我が家の作業を振り返ってみようかなと思ってお返事したものの・・・
なかなか書き出せず、ずいぶんと間が空いてしまったけれど、まとめてみますね。

画像
2014/4/10 撮影



最初は土作りをしたくて、なにかいいものはないかな?と探して見つけたのが、
こだわり自然肥料のすすめ生ゴミアップZという商品。
本業は緑化工事を営む会社のようで、会社概要を隅々まで読んで,
広い芝生はないけれど、いい土作りができたらなぁ~と思って、購入。
(ブログに記事にしたのは、もう8年前のこと)

最初は、何も植えていない場所に穴を掘り、落ち葉+生ゴミアップをふりふり。
お店で紹介している生ゴミ処理方法を参考にしてみてください。
そのうち、液肥も取ってみたくて、生ゴミ処理バケツを購入。

結構はまった時期もありましたが、埋める場所がだんだんなくなってきて・・。
いつもなにか花壇に植わっているしね。

途中コック部分の買い換えを一度。(7年前)
ここ数年、ふたの劣化で使わなくなったので、今は水ためバケツに(笑)
買って8年くらいたつ?!、本体とすのこ部分はまだ丈夫です。
生ごみ処理専用バケツパーツ、購入も可能なのがいいですね。



6年ほど前に、竹チップパウダーに出会ってから、
生ゴミ処理は、竹チップパウダーを発泡スチロールにいれて混ぜて処理する方法に切り替えています。
それも冬期限定^^
秋~3月下旬をめどに混ぜ混ぜ生活♪ 普段は着なくなったTシャツの首部分を縫い閉じたカバーで
虫除けしています。

できあがったものをオダマキやクリスマスローズの周りにまいたり、
果樹鉢にまいたりの作業を3月に済ませたら、
飛んでくる虫が気になるので、箱での処理は春、夏はお休み。

画像



落ち葉のめぐみという落ち葉腐葉土化促進剤もちょっと気になってきたところ・・・
だって、近くの公園から飛んでくる落ち葉が半端なくって。
木も年数重ねて、茂ってきてますからね^^

画像
2014/04/22 撮影


本日の最高気温25度、GWに植えたい野菜苗をそろそろ調達しなくっちゃ。
そうそう、4月最後の一粒万倍日は明日。。
仕事が一段落したら、残りの種もまきましょう(*^^)v

ブログ内関連記事
2008/12/04 竹パウダーとクリスマスローズ植え替え
2008/09/30竹パウダーで堆肥つくり
2007/01/23 生ゴミ堆肥バケツ&部品
2006/02/18 生ゴアップZ



この記事へのコメント

  • ごるる

    とっても詳しくまとめてくださってありがとうございました~。

    私もまるぽっちさんと同じ専用バケツを使い、
    EM菌入りの米ぬかぼかしで生ごみを「合えながら」堆肥を作っています。
    市主催の園芸講座で作り方を教わりました。
    ここでは、バケツを買うと、市から半額補助が出て、
    米ぬかぼかしも、とっても安価で市役所の食堂などで売られているので、助かってます。
    液肥の薄め方の説明が、資料によってまちまちで迷っていたところ、まるぽっちさんのサイトでたまたま同じバケツを見つけ、お尋ねしました。その節はありがとうございました。
    バケツの部品だけ買えることもわかって安心です!

    うちは造成地。メインの花壇には業者に培養土を入れてもらったけれど、粘土と石ばかりのひどい場所があります。
    そこを改良すべく、この2年半ほど、生ごみ堆肥を入れ続けています。おかげで、やっと最近、植物がよく育つようになりました。

    私も同じく、夏は堆肥づくりはお休み。
    そして、同じく、埋めるところがなくなってきたので、使っていないプランターに、赤玉土と燻炭、バケツから取り出した生ごみ堆肥を入れて混ぜ、波板をかぶせて縁側の下に置き、さらに1か月ほど熟成させています。
    出来上がると、雨上がりの林のようないい匂い!
    そのまま、植物に触れるところにも使えて、とってもいい具合です。

    竹チップもいいみたいですね~。
    わたしも、またいろいろ試してみようかな・・・。
    また良い情報があったら教えてくださいね。

    2014年04月28日 17:10
  • まるぽっち

     ごるるさん

    気になりつつ、お花記事を優先しちゃって、お待たせしました。
    コメントお寄せ頂きありがとうございます。

    埋めるところの確保は、共通のお悩み(笑)
    竹チップ、夏の乾燥を防ぐ用に、堆肥化させていないそのままを鉢にまくこともありますよ。
    2014年04月28日 19:43